人前に出たくない、そんな個性心理學「草花」のほんとは出た方がいい理由

シェアする

個性心理學 草花

個性心理學「草花」の人は

2番 社交家のたぬき

12番 人気者のゾウ

22番 強靭な翼をもつペガサス

32番 しっかり者のこじか

42番 足腰の強いチータ

52番 統率力のあるライオン

44番 情熱的な黒ひょう

46番 守りの猿

48番 品格のあるチータ

50番 落ち込みの激しい黒ひょう

他、レールが「マイウェイ」の人達になります。

今回は個性心理學「草花」の特徴と私の見解を書いていきます。

◆個性心理學「草花」は控えめな人が多い

草花の人は

自ら目立ちたいと思わない。

自ら前に出たくない・・・・そんな控えめな方が多いなと思います。

しかし、実は人気者になりやすい人なのです。

目立ちたいとは思っていないけれど、人が集まってくるのです。

なので、人に会えば会うほど人脈が広がり

人のご縁で成功しやすいタイプとなります。

日銭を稼ぐことにもむいているので

自営業や商売人にもむいたいます。

人前に立つと独特なオーラで映えるので政治むきとも言えます。

商売人とは言っても

自分の懐具合は考えないほうがうまくいくタイプです。

人と接することで成功しますよとは言われても

それでも控えめな草花の人達のその理由は

実はがんこというところに理由があります。

表面上はすごく人にあわせて、人と人の調和を保とうとするのです。

まわりにすごく合わせます。

しかし、根はがんこゆえに人疲れしやすいのです。

なので控えめにして目立たないようにしていたりするのです。

家の外ではにこやかだけど、家ではそのにこやかさが無くなる方が多いようです。

外で気を使っているぶん、家の中でバランスを取っているのかもしれないですね。

個性心理學「草花」をもつ人は

人に会わないとストレスになる

会いすぎてもストレスになる

そんな自分を理解したうえで人づきあいをできたらいいですよね。

家にこもりっきりや、裏方ばかりの仕事では「草花」がもったいないかなとも思います。

誰かに背中を押してもらって前に出ることもよかったりするので

誰かに誘われたらぜひ出てみてくださいね。

「草花」だけあって踏まれても起き上がる雑草のような強さがある人です。

◆人のご縁をなかなか切れない・・・個性心理學「草花」

人気者になりやすい個性心理「草花」の人ですが

人気者になりやすいゆえにいろいろな人達が集まってきます。

人と人の調和を保とうとうする人ゆえに

まわりにあわせるゆえに

自分から縁を切れないタイプではないかと思われます。

しかし、人のご縁で成功する人になります。

経営者の方々が一番欲しいのは「草花」と言われるくらいに

私もすごく憧れるのです。

私の知っている草花の人は

ほんとにすごいの一言です。

にこやかで、その場にいてくれるだけで場が華やぐのと、その場が和むのです。

いてくれるだけで私はうれしい人なのです。

その方が草花の人だとわかっているので

にこやかな反面、人に気を使いすぎて疲れるタイプだとわかっているので

感謝の言葉を常に伝えるようにしています。

相手の個性を知ることによって

相手の見えない可能性・・・草花の場合だと「にこやかにしているけれど、人疲れしやすい」ところも知ることができるので

自然と感謝の気持ちがわいてくるんですよね。

「みぃ先生がおしえてあげる 人生相談室」への相談を受け付けしています。

LINE@に登録して、ご相談ください。

ご相談内容への個性心理學を含むメッセージの返信はブログに掲載させて頂くことをご了承願います。

LINE@の登録は↓こちらから

友だち追加

あわせてこちらのブログもぜひ読んでみてくださいね。