直感鋭い人気者 個性心理學 夢とロマンの子守熊の特徴と成功ポイント

シェアする

個性心理學 夢とロマンの子守熊

今回は個性心理學の39番 夢とロマンの子守熊(コアラ)について書いていきます。

私自身の個性が夢とロマンの子守熊で

1000人に1人の逸材、世界遺産レベルと言われていましたが・・・・

実はすでにまわりに20人以上おります。

一番変わっているキャラクターと言われておりますが

どんなところが変わっているのか、成功ポイントを書いていきます。

◆個性心理學 子守熊の特徴

子守熊の特徴をあげると

ぼーっとした印象の方が多く、動きもスローペースです。

ぼーっとする時間がないとがんばれないタイプで物事に行き詰まりを感じたらぼーっとする時間を確保するといいです。

長期的展望で先の先まで考えるので、心配性であったりもしています。

ぼーっとして動きもスローペースではありますが、頭はフル回転で常に考え事をしています。

計算高い一面もあり出し抜いて勝つタイプです。

ムダを嫌うため、負けるとわかる勝負には最初から手を出しません。

負けず嫌いでもあったりします。

温かい場所や温泉が好きです。

長時間寝るタイプか、あまり寝なくてもいいタイプかどちらかに分かれるようです。

寝ている時は夢をよくみるタイプ。デジャヴも多いと言われています。

夢はフルカラーで、夢の続きをみることができたり、何回も同じ夢を見たりもします。

音感がいい人も多く、また、目に見えないものや聞こえない音に敏感な人もいます。

ここまで書くと子守熊のキャラクター自体は特に変わった人という印象は受けません。

◆個性心理學 夢とロマンの子守熊が不思議な行動をする理由

では、夢とロマンの子守熊の「変わったキャラクター」と言われるゆえんはどこからきているのか???

それは海洋のリズムを持ち、空の要素があるからかと思われます。

特に「空」の要素は私が講座でお伝えしてもニュアンスでしかお伝えすることができません。

ひと言で言うならば

先見の明」がある人です。

先の先の先が見える人になります。

そんなことを言われても、夢とロマンの子守熊の私でさえ意味不明でわかりませんでした。

ただ、個性心理學にかんしていうと

16年前から知り、ずっと日常生活や仕事で活用していました。

なにかあれば本を開いて調べるようにしていました。

人とのコミュニケーションが苦手だったので個性心理學に助けられた人生とも言えるくらいなのです。

個性心理學認定講師カウンセラーになったのは3年前です。

それを考えると「見えていたのかな」と思いますが

当時「私は個性心理學認定講師カウンセラーになる」なんて思いもしませんでした。

見えてるでもなんでもないのです。実は。

その空が海洋と組み合わさることにより

見えた未来にチャレンジをしていくので

まわりからは「突飛な行動をする人」「変わっている人」と思われるのです。

なので、まわりの人達から見ると浮いている人だったりビッグマウスだったり

常に夢とロマンを追っている人という印象を与える人だったりもするのです。

しかし、

夢とロマンの子守熊の私の意見ですが普通でしかないのです。

ただやりたいと思ったことはやる

思いついたことはやるということをしていますが

個性心理學認定講師カウンセラーになった時のように

「先々なにかあるのだろうな」と感じるようになりました。

なんとなくの行動の先に結果がある状態です。

私が知っている夢とロマンの子守熊の人は

叶ってもいない目標を「叶った!」「おめでとう!」と本気で言える人です。

まわりの人達は「大ぼら吹き」と思ったみたいですが

結局は叶っているのです。

どれだけ自分を信じて楽観的でいられるかがポイントではないかと思われます。

◆夢とロマンの子守熊の潜在意識キャラから成功ポイントを探る

夢とロマンの子守熊の人を一言で言うならば

明日に向かって努力できる人、直感するどいみんなの人気者です。

先日、個性心理學の師匠のしばたけんじ先生(しばけん先生)の潜在意識のキャラクターの講座を受講しました。

潜在意識って全体の9割の部分です。

9割ですよ。かなり重要ですね。

39番 夢とロマンの子守熊の潜在意識キャラは「こじか」でした。

「明日に向かって努力できる人、直感鋭いみんなの人気者」

と考えた時に過去回想型であり、子守熊の特徴の先々まで考えて心配するという特徴ではネガティブに偏りがちです。

しかし、潜在意識キャラのこじかは、

放っておけない雰囲気、助けてあげたくなる雰囲気ゆえ

まわりの人達に助けてもらえるのです。

未来展望型でいざという時は「まわりが助けてくれる」となんとなく思っていたりもします。

みんなの人気者になるのも、

子守熊のサービス精神旺盛なところもあり、こじかの愛らしさを発揮してこそ。

明日にむかって努力できるのも

空の先見の明と、こじかの楽観的な部分があってこそ努力できるのではないかと思いました。

ネガティブじゃ長く努力はできません。

そして、

39番は行動が突飛ゆえに反対勢力が多く出てきます。

しかし、こじかの愛らしさを認めた時から

反対勢力よりも応援してくれる人の方が多くなると思うのです。

いつの間にかまわりにいた!という感じです。

自ら仲間を作ろうと囲い込むのは違うかなと思います。

私自身を振り返ると

自分の力を試したいと言って、知り合いがまったくいない秋田県に引っ越してきたのですが

今はとにかく人に助けてもらえます。

できないことは「できないから教えてください」「お願い」を言えるようになってから

自分自身がとても楽になったと感じます。

◆まとめ

変わり者と言われる夢とロマンの子守熊の個性の人ですが

楽観的に時にはぼーっとして、

自分を信じて我が道をマイペースに進むことができたら一番いいですよね。

39番夢とロマンの子守熊の絵柄は目がキラキラ、うるうるしています。

動物園の子守熊は人気者です。

そのなかでも、夢とロマンの子守熊は愛らしさがプラスになってより人気者になれるのかもしれませんね。