劣等感だらけの私、それも私。それが魅力。

シェアする

鷹巣駅前の母 占い×心理カウンセラーのみぃ先生です。

婚活、恋愛、家族、夫婦、不倫など男女関係の悩みから、自信がない、不安、生きづらいなどを乗り越えて自分らしい生き方と自分らしさが愛される女性へ気づきと癒し、一歩踏み出し最終的に自己実現するお手伝いををしています。

「なぜ自分ばかりがこんな目にあわないといけないのか?」

その悩みの解決の糸口は自分らしさにあります。

根本裕幸師匠のお弟子制度の課題

今日は朝からカウセリング実習でした。

根本裕幸師匠のお弟子制度4期生です。

課題がやまほど出されるので有名な講座ですが

実践実践の繰り返しでためになってます。

本日はお弟子仲間とのカウセリング実習。

「人から認められない」という悩み

私の悩みは

「人から認められない」

特に行政や市などから認められないという悩みでした。

しかし、お客様一人一人からはほんとありがたいくらい慕って頂いています。

市からも婚活セミナー依頼を頂いたり

短大からも講演依頼を頂いたりしたのに

それなのに、なぜ

人から認められないと思うのだろう???

実は劣等感のかたまり

私、自信満々そうに見えて

自己肯定感も高いように見えるらしいけど実は劣等感のかたまりでして。

劣等感のかたまりだけど、スタートダッシュのはやさは劣等感のかけらもないですが

人一倍がんばらないと人なみになれないと思っているような気がします。

思えば高校の時は吹奏楽部で誰よりもはやく学校に行って朝練、昼練、夜練習して真っ暗ななか帰宅していました。

それでも、やっと人並みに楽器を吹けてたりたほうです。

真面目なので部長をさせられたり。

そして、会社勤めができなくて逃げるように会社を辞めて自営業をはじめたこと。

自営業はかなりうまくいきました。

しかし、どこかで逃げた記憶が私は社会不適合者だと思っていたのです。

けど、これも

去年1年雇われて働いて社会で働くことができたと自信につながったはずなのに。

劣等感を抱いている自分を認める

カウセリング実習をして思ったことは

劣等感を抱く自分、それも自分ということ。

劣等感を抱きながらもチャレンジしたり行動している私。

まずは劣等感を抱いていることに気づくこと。

劣等感を抱いていても行動はできる。

行動しながら自分ががんばったことや、うれしかったことをメモしながら

そして、まわりから与えられていることや自分の魅力を受けとること。

劣等感あるけど少しづつ自分で自分を認めていけたらいいのだと思いました。

まとめ そんな自分も魅力的

余談ですが、

まわりからは自信満々そうに見える私が

自信なさげにおどおどしてたり、緊張して挙動不審になっている姿をみると

ほっとしたり、親近感わいたり、いい意味でギャップ激しすぎてずるいわ~と言われたり。

弱さも魅力になるんだと気づきました。

弱くたっていいじゃない。

劣等感あったっていいじゃない。

そんな自分も自分なんだと。

そこからどう行動していくか?

なのだと思います。

鷹巣駅前の母 占い×心理カウンセラーのみぃ先生でした

㋅前半のカウンセリング受付日を更新しました。

鷹巣駅前の母 占い×心理カウンセラーのみぃ先生です。 婚活、恋愛、家族、夫婦、不倫など男女関係の悩みから、自信がない、不安、...

サービスメニューはこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/me-life

シェアする

フォローする