カウンセラー、占い師が地域密着するには?

シェアする

心理カウンセラーであり作家の根本裕幸師匠の

お弟子制度4期のお話会でした。

お弟子講座はすべてオンライン開催なので師匠と話すことや

お弟子同士の交流が少ないということで

講座以外にもざっくばらんにお話ししたり、質問したりするお話し会を設けてくださっている

至れり尽くせり感がすごいのです。

北秋田市の地域の人に知ってもらうには?

そのお話し会で

「住んでいる値域に密着するにはどうしたらいいか?」

という質問がありました。

根本師匠「そこはみぃ先生がやってるから、みぃ先生どう~?」と話しをふられまして

いきなりだと緊張してしまいましたがお話しさせて頂きました。

ちゃんとお話しできていたか

定かではないので、ブログに書きたいと思います。

人それぞれなので、私の前提として

私の前提として

地元が岩手県であり、今住んでいる秋田県北秋田市は

もともと知り合いがいない土地であったということが前提です。

個人自営業主としては長いけど、

値域密着を意識したあたりのことから書きます。

個性心理學認定講師になって

個性心理學®認定講師/カウンセラーとしては5年活動しています。

ちなみいキャッチコピーは

「秋田の美人すぎる認定講師」という。

個性心理學®の講座で県外(名古屋、静岡、石川)までセミナー講師として招致されていました。

他、倫理法人会に入会し

秋田県内7か所の講話をしました。(もともと緊張症を克服したいため自分に課しました)

SNSからは看護学校での講演2件と

あとはもともとSNSでつながっている人経由でカフェや団体、市からの依頼で婚活セミナーをしていました。

地域密着を意識した北秋田市商工会青年部

そんななか、地域密着を意識しだしたのは

3年前くらいでしょうか?

北秋田市商工会青年部に入ってからです。

それまでは、県外への意識が強かったです。

地域活動をしていくうちに秋田県が自殺者が多いこと

悩みを一人抱えている方がいること。

そして、我が子が育つであろうこの土地になにか自分ができることはないかな?

と考えたことがきっかけでした。

楽しいことをしていただけですが

そんな流れで私がずっとしていたことを思い返すと

①いろんな人に会う

②Facebookでつながる

③自分が何者でどんな活動をしているのかSNSでひたすら発信する

④地域活動のお手伝いに参加

⑤イベント企画、誰でもウェルカムな飲み会の企画、婚活イベント企画、女子会の企画などする

この5つでしょうか。

なんか楽しいからやりたいからやっていたことです。

私自身は売りこみが苦手なのでSNSでの発信に力を入れて

「あなたにお願いします」「みぃ先生に会いたい」と言っていただくことできるような

意識で日々更新していました。

Facebook歴は10年くらいで上記のことを意識したのは5年前くらいです。

北秋田市で楽しいことをしたい

そして、コロナの打撃でセミナーはいっさいなくなり

カウンセリングと地域kの電機屋さんと、水商売をしていました。

しかし、これも人脈につながります。

最近は、カウンセリングだと敷居が高いのかなと感じ「占い」を前面に出しました。

駅前の建物の敷地を借りてテントで「占いの館」をしました。

料金もカウンセリングよりお手頃に設定して

高校生が電車を待つ高校生が北秋田市で変なことやってる人がいると思ってくれたらいいな

田舎でも人の目気にしないでやりたいことやっていいと思ってくれたらいいな

北秋田市に占いの館あるって仙台のパルコみたいじゃない?と思ってくれたらいいなって

ただ、おもしろそうだからと思い利益もなにも考えずにやってたら

SNSでつながっている方々や私のセミナーを受けてくださった方が

市外から何時間もかけて来てくれました。

拠点を鷹ノ巣駅前に

なので、駅前にあるシェアオフィスがちょうど空いているので借りることに。

(市の空き店舗活用ということで家賃補助が数年間出ます)

ここらへんからさらに地域密着なってきたかも。

週1の占い日は平日はそんなでもないですが

休みの日に開催するとほぼ満席になります。

まだまだ売り上げのこととか、人のためにやりすぎて疲れるとか

課題は山積みですが楽しいからやれています。

よく質問されること

「変な人は来ませんか?」と聞かれますが

ブログやSNSで自分を発信しているので私のことを「嫌だな」と思う人は来ません。

子供が通う学校の親も知っている人は知っていますが

話しかけてくれる人はみなさん好意的でLINE公式アカウントまで登録してくださっている方も。

まとめ

相談内容はほんとにさまざまです。

1人で悩んで抱え込むつらさがわかるからこそそんな人が一息つく場を作りたい。

そして、その人たちが歩む道を明るく照らしだす存在になりたいと

実は目標が生まれ、実現させるため今の行動をしています。

この目標も地域密着です。

参考になりましたら幸いです。